映画館でマダガスカル3Dを見て

幼稚園の夏休みに家族で江別のジャスコでマダガスカル3Dを見に行きました。

 

マダガスカルシリーズは4歳の子供が大好きで、最初の1話から見て、あまりにも楽しくて

 

DVDを買い何回も見ていた程です。

 

 

 

地上波で放送されるようになってからは録画は必ずして見ています。

 

『踊るの好きっ 好きっ』の曲が一番のお気に入りで踊りだしたりします。

 

 

 

中心人物のアレックスやマーティン・グロリア・ネルマンも好きで爆笑しながらみていますが

 

中でもペンギンの隊長・リコ・コワロスキー・新人も大好きで、ペンギンズという番組も見たりしています。

 

 

 

面白いのはわかってワクワクしていましたが、1歳半の息子が飽きて泣き出さないか心配でした。

 

 

 

飽きないようにポップコーン大きいサイズを2つ買い、ジュースもラージサイズで飽きてもおやつで気を引く

 

準備を完璧にして座席に座りました。

 

 

 

3Dメガネをみんなでかけて放映をまちました。

 

 

 

3Dだけあり間近にみえる映像に兄はビックリして手を伸ばして触ろうとしていました。

 

弟は3Dメガネはつけてませんでしたが15分くらいはポップコーンを食べながら見入っていました。

 

 

 

その後、眠たくなりスッと寝てくれました。

 

 

 

兄は最初から最後まで大爆笑していて、周りもファミリーだったのでよかったですが、周囲の子供達よりも

 

大きな声で笑うので親としては恥ずかしかったです。

 

 

 

映画の内容としてはやっぱり老若男女楽しめる形になっていて面白かったです。

 

 

 

サーカス団とアレックス達の関係や仲良くなるまでの過程で絆も芽生えて、動物園に戻ることを目標にしていたが

 

サーカス団と一緒に歩んでしくことを決めて、またその後の経過が気になる展開で終わりましたので、次も楽しめる

 

感じになっています。

 

 

 

ラストシーンあたりで寝ていた弟が起きてしまいグズリ始めたのでパパが颯爽に座席から連れ出して入り口のほうで

 

見てくれていました。

 

 

 

3歳くらいになるまでは何処連れて行っても機嫌が悪くなったりして大変ですが、何とか最小限にでき、楽しめて良かった

 

と思います。

 

 

 

映画は旦那も兄も好きなので弟もアニメなどに夢中になりグズルことなく見れればいいなって思います。