昔の眼鏡 眼鏡が苦手だった話

部屋の掃除をしていたら、昔使っていた眼鏡が出てきました。黒縁のイケメン風のやつです。初めて学校に掛けていったときは「おお、眼鏡だけイケメンになってる」と言われました(笑)

 

 

 

そんな僕ですが、昔からメガネをかけるのは苦手でした。僕は高校1年生の時から視力が悪くなり、メガネを買ってもらったのですがどうしても慣れませんでした。鼻の頭になにか乗っかっているというだけですごく不快な感じがして、気になって気になってしかたがないのです。

 

 

 

それに、鼻当てのところがムズムズしてしょうがありません。そう両親や友だちに言ったのですが、「すぐ慣れるから」と言って、そんなことは大した問題ではないというように言うのです。それならばと頑張って一日中掛けてみたりしたのですが、もう気持ち悪くて仕方がありません。

 

 

 

両親に買ってもらったものなので文句をいうのも気が引けて、結局一年後に自分でコンタクトレンズを買いました。コンタクトを初めてつけた時の感動は今でも忘れられません。

 

 

 

それから今までずっとコンタクトです。眼鏡は仕舞いこんでしまったので、僕が目が悪いということを知っている人すらあまり居ないかもしれません。まあ、理由を聞かれても「眼鏡は似合わないから」とか何とか言っておけばいいんですけどね。